コバエ撃滅!宿敵「ノミバエ」の撃退法

梅雨があけて暑くなってきましたねぇ。
もう35℃記録したとか、いやはや夏の気温はどうなってしまうんでしょう。

で、暑い夏につきものの気温上昇とともに涌いて出てくるものは…

コバエです。



コバエといっても数種類いるようで、代表種は次の3種からなるようです。


ショウジョウバエ

ショウジョウバエ果物の腐ったようなものとか、兎角酸っぱい匂いにまとわりつくコバエです。目が赤いのが特徴。

コヤツに悩まされる人が多いんじゃないでしょうか。
(うちの場合は別の種でしたけど)

ノミバエ

このノミバエは厄介で、数々のサイトで示されている撃退法(主に罠)を試しましたが、今ひとつ効果がありません。

このノミバエというのはどうもタンパク質系のゴミに群がり、繁殖します。
http://www.ikari.jp/gaicyu/06020d.html

つまり、肉の袋だとか刺し身の残りだとか、それらが含まれる生ごみだとかにすぐに群がり繁殖します。

しかも、名前がノミバエというだけあって、ノミのようにスルスルと移動するので物理的にに叩いて始末するということが難しいです。

ノミバエの発生する要因

キッチンが汚いと発生します。
  1. 生ゴミ箱を開けっ放し
  2. 肉のパックを洗い流さず放置
  3. 排水溝付近を洗っていない
などなど、ズボラなやつはノミバエの餌食です。

とはいえ、そこそこまめに掃除しても発生しますので、撃滅する策を色々と弄した結果を五つ星評価にして発表します。

ノミバエ撃滅作戦

ハエ取り棒:★★★★☆(星4)

これはそこそこ効果があります。
棒の粘着剤に誘引剤も含まれてるんでしょうね。
ノミバエびっしりになりました。


コバエがホイホイ:★☆☆☆☆(星1)

どうも効果が無い。
酢みたいな誘引剤を使っているみたいですけど、ノミバエにはイマイチ効果がありませんでした。
どちらかというとショウジョウバエ向きのようですね。


めんつゆ地獄:☆☆☆☆☆(星0)

めんつゆに1滴だけ洗剤を垂らした罠を仕掛けます。
1日置くと、あ~ら不思議。
一匹も罠にかかりませんでした。

これもショウジョウバエ向き。

電撃殺虫器:★★★★★(星5)

ノミバエには集光性があります。
暗い部屋でテレビとかスマホとか見てると画面に止まってイラッとすることがあります。
電撃殺虫器は効果覿面でした。

電撃殺虫器の設置

大型の電撃殺虫器を部屋の中に置きたいと思わなかったのでまず選択したのはこちら。


直径2cm程度の捕虫ライトを光源として虫を呼び寄せる小型電撃殺虫器です。

一日中点灯させていて電気代はわずか5円程度で済むという優れものです。

吊り下げるためのフックもあるので、どこかに引っ掛けておけば倒したり水がかかって漏電の心配もありません。

ただし、死んだ虫の死骸は電流ワイヤー付近で固まって死ぬため、付属のブラシでシコシコ取るしかないない点が若干面倒です。
薬とかハエ取り棒はその辺考え無くていいので楽なんですけど、ソレを補って余りある捕虫効果!

ただし、私の場合長持ちしませんでした

1年で蛍光灯がだめになり、取り換え用蛍光灯を買って取り替えようとしたら、底の部分のネジで締めるプラスチックが折れてしまいました



かなりチャチな造りで、この部分が折れると蛍光灯を押しこみ通電させることが出来ず、捕虫蛍光灯を照らすことができません!

器用なら修理することもできたでしょうが、捨てました

そして、2台目を購入することにしました。

オーム電気の電撃殺虫器!




買ってる人も多いし、評判もなかなか。
しかも蛍光灯も同じサイズなので安心ということで購入を決意。

届いた箱がでかい!

せっかく蛍光灯まで買ってしまったので、同サイズを購入したつもりがサイズ間違ったかな?とおもったぐらいなんですけど、ちゃんと4Wの蛍光灯のやつを使っています。

初代の電撃殺虫器を一回りぐらい大きくしていますので、威圧感はあります。。

でも、これは吊り下げするための部材としてチェーンまでついていますので、どこかに吊り下げるのならこれは便利です。

さすがにこれなら2年は持ってほしいなと思いました。

追記ですが、5年以上もっています。
なのでこのオーム電機の電撃殺虫器はおすすめです!!

0 件のコメント :

コメントを投稿

メッセージをもらえると嬉しいです。